てんかん発作、見て見ぬふりをしないで

てんかんの人が身近にいない限りはその症状を初めてみた時は驚いてしまうかもしれません。しかし、それではてんかん患者の方に手を貸すことは疎か、失礼な態度になりますので、一緒にてんかんへの理解を深めましょう。

       
          
             

てんかんは身近な病気です

             

通常、大脳の神経細胞ニューロンは身体のそれぞれの部位に命令を送るために電気信号を出しています。この穏やかなリズムを整然と刻む電気信号の中には、発作的に過剰放電を行い暴走して、痙攣等の症状を引き起こしてしまうことがあります。これが「てんかん」と呼ばれている症状で、WHO世界保健機関において、「てんかんとは種々の成因によりもたらされる慢性の脳疾患であり、大脳ニューロンの過剰発射に基づく反復性発作(てんかん発作)を特徴として、そこにさまざまな臨床症状および検査所見を伴う」と定義されています。てんかんの症状・程度は人によってさまざまあり、必ずしも痙攣・意識を失うということがあるわけではありません。時には周囲の人に気づかれない程度の瞬間的な意識消失を起こしたりする欠伸発作や、頭痛や腹痛を伴った自律神経発作、恐怖感・既視感を伴った精神性発作、幻覚・幻聴・しびれなど感覚系異常発作などもあります。こういったてんかん発作は珍しいことではなく、人口1,000人に対して5~8人の患者がいると言われており、数ある神経疾患の中でも高頻度の病気です。てんかんは小児期に発生しやすいですが、それに限らず青年期以降成人も発症する可能性は0ではありません。また、小児期と同じくらい高齢期においても発症頻度が高いです。交通事故などによる脳への外傷、血管障害、脳腫瘍、糖尿病(代謝異常)などを要因としててんかんを発症することもありますので、実はどんな年齢の人が発症してもおかしくはない身近な病気なのです。現在では、適切な薬物療法により約7割近くの発作を抑えることが出来ます。適切な薬物療法で日常生活を問題なく送ることが出来ますので、てんかんの疑いがある場合は早期治療の開始が重要となってきます。